FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
井上尚弥「いい予行演習になる」拳四朗と予備検診
フジテレビ系列でテレビ中継されるダブル世界タイトルマッチ(30日・横浜文化体育館)の予備検診が27日、都内のホテルで行われ、WBO世界S・フライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)とWBC世界L・フライ級王者の拳四朗(BMB)ら出場4選手が出席した。


巨大パネルをバックに井上(右)とボワイヨ

 7度目の防衛戦でヨアン・ボワイヨ(仏)を迎え撃つ井上はボワイヨと比べて身長で6センチ、リーチで7センチ下回ったが、これは想定の範囲内。「やることはいつもと変わらない。リングで向かい合って距離感が分かるので、そこで対応したい」と淡々と答えた。

 むしろ来年のバンタム級進出に向けて長身との対戦は望むところか。「バンタム級にいけば170センチを超える選手はたくさんいるので、いい予行演習になると思う」と余裕の発言も飛び出した。

 挑戦者のボワイヨはこの日もバネッサ夫人と2人で検診に臨んだ。初対面となった井上については「見た限りは特にパワフルだとは感じなかった。クールでかっこいいね」とコメント。初体験する予備検診というイベントを終え「胸囲とか測られて面白かった」と笑顔で会場をあとにした。

     井上  ボワイヨ
身 長 164.7cm  170.7cm
頸 周 35.0cm  34.8cm
胸 囲 88.0cm  92.0cm
リーチ 169.0cm  176.0cm
視力 左0.9右0.6 左0.4右0.2 


世界戦行事にもすっかり慣れてきた拳四朗(中)

 拳四朗は2度目の防衛戦でヒルベルト・ペドロサ(パナマ)の挑戦を受ける。挑戦者より身長が7センチ高かった拳四朗は「いつもよりやりやすいかなと思う」。父の寺地永会長はペドロサについて「密林で育ったということで、身体能力は高いかもしれない」と挑戦者を分析した。

 一方“エル・カシーケ(酋長)”のニックネームを持つペドロサは「視力がいい? 私は視力だけでなく、魂でも上回っている。東京で最高のパフォーマンスを発揮する」とこの日も意気軒高。トレーナーと「誰が最強だ!」「カシーケだ!」と何度も絶叫して会場をあとにした。

    拳四朗  ペドロサ
身 長 164.1cm  157.1cm
頸 周 34.0cm  35.0cm
胸 囲 84.5cm  85.0cm
リーチ 164.0cm  159.0cm
視力 左0.8右1.0 左1.5右1.5


BoxingNews




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




“ピットロード
スポンサーサイト



【2017/12/28 06:35】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<米軍の戦闘機は、ついにレーザー兵器を手に入れる──SFのような技術が実用化に向け動き出した | ホーム | ありそうでなかった!持ち運び特化のモバイルバッテリーが注目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/7482-30c7804b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |