FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
HomePodのSiriの正答率は52.3%~回答できる分野に制限


AppleのHomePodを含む、代表的なスマートスピーカーの質問に対する正答率、使いやすさ、音質などの実験・評価を行なったところ、HomePodのSiriの正答率はわずか52.3%でした。

HomePod、回答できる分野に制限

Loup Venturesのジーン・ミュンスター氏が、Amazon Echo(Alexa)、Google Home(Google Assistant)、Herman Kardon Invoke(Microsoft Cortana)、HomePod(Siri)に対し、782件の質問をしたところ、Siriは質問の内容は99.4%理解したものの、正答率はわずか52.3%でした。一方Google Assistantの正答率は81%、Alexaは64%、Cortanaは57%で、Siriがもっとも正答率が低いという結果となりました。

ナビゲーション、カレンダー、メール、電話などのドメインにはHomePodのSiriは対応していないようで、この分野の質問については「HomePodではお答えできません」という回答が得られた、とミュンスター氏は述べています。そこでこれらの分野に関する質問を外したところ、Siriの正答率は当初の52.3%から67%へとアップしました。

将来的にはHomePodの正答率が上がるだけでなく、iPhoneを含むほかのApple製品との統合が進み、さらに使い勝手がよくなるだろうとミュンスター氏は見ています。


聴く能力の高いHomePod

ミュンスター氏はHomePodの「聴く能力」は、ほかのスマートスピーカーよりも優れていると述べています。同じ部屋にいる人に話しかけるのに、やや大きな声を出す必要がある状況下でも、HomePodのSiriは普通の声での話しかけにきちんと反応したとのことです。

またHomePodの長所として、ほかのいずれのスマートスピーカーよりも設定が簡単なこと、質問をするとオウム返しにせずに人間のように応えること、スピーカーとしての音質が非常に優れていることを挙げています。

なおミュンスター氏は、現時点ではAppleはHomePodにおいて音質重視の姿勢を打ち出しているものの、本当の狙いはSiriをユビキタスな存在とし、あらゆる家電製品をすべてをSiriで制御できるようにすることだろうと述べています。

2022年にはGoogleとAmazonのシェアが逆転

スマートスピーカー市場全般については、長期的に台数ベースで大きなシェアを持つようになるのはGoogleだろうとミュンスター氏は予測しています。

2018年の市場シェアについては、Amazonが52%、Googleが32%、Appleが12%、その他が4%ですが、2022年にはGoogleが48%、Amazonが37%と順位が逆転、ただしAppleは12%とほぼ同じシェアを維持するというのが同氏の予想です。


Source:Loup Ventures




























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
ピットロード (2017-04-29)
売り上げランキング: 4,943
スポンサーサイト
【2018/02/12 07:07】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<高木美帆が銀メダル、小平6位…女子1500m 、高梨沙羅が銅メダル…日本女子初、ノーマルヒル 、モーグル、原大智が銅メダル…日本男子で初 | ホーム | 今秋、新Apple Pencilと低価格HomePodが発売か~アナリスト予測>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/7551-f3f7f173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。