FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
山中慎介リベンジに執念、宿敵ネリとのリマッチ迫る
前WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(帝拳)が20日、3月1日両国国技館でゴングとなる王者ルイス・ネリ(メキシコ)とのリマッチに向け、都内のジムで練習を公開した。


最終調整で汗を流す山中、緊張感も高まってきた

 昨年8月、4回TKOで王座を奪われてからおよそ半年間。山中は現役続行を決意してからの日々を「一日一日を大事に練習してきた。やるべきことをしっかりやってきたし、他人の意見を聞いて練習するようになった。本当に満足いく練習ができるようになった」と振り返った。

 雪辱戦を迎えるにあたって浜田剛史代表は「いままではいいところを伸ばそうと思って常にやってきた。今回は前回の反省材料を克服した」と説明。“神の左”頼みから脱却し、反省材料であるディフェンスの練習に時間を割いたということだ。

 スパーリング数はあえて少なめながら、接近戦でのディフェンス、ショートパンチも繰り返し練習した山中。浜田代表は「(いかなる状況にも)対応できると確信している」とネリ対策に自信を示した。


スパーは100点とはいかずも、ここまでの調整は「順調」

 この日はWBCバンタム級12位のマイケル・ダスマリナス(比)を相手に、試合9日前とは思えない強度で2ラウンドのスパーリング。練習を視察した元世界王者の飯田覚士氏が「そうとうしんどそうですね」とコメントしたように、疲れがピークに達している様子ではある。ただし35歳のベテランにとっては想定の範囲内ということなのだろう。

 山中は前回のネリ戦に勝ち、日本タイ記録となるV13を達成していれば、グローブを置くことも考えていた。「今度は僕が勝って、泣くのではなく、笑ってリングを下りたい」。リベンジへの執念を胸に運命のネリ戦に挑む。

 当日はIBF世界S・バンタム級王者、岩佐亮佑(セレス)が挑戦者エルネスト・サウロン(比)を迎える初防衛戦とのダブル世界タイトルマッチ。チケットは既に完売している。

王者ネリが来日、有機食品でドーピング対策

 3月1日の両国国技館で山中慎介(帝拳)を迎え撃つWBC世界バンタム級チャンピオンのルイス・ネリ(メキシコ)が20日、成田空港着の便で来日した。二手に分かれて来日したネリのスタッフは10人を数えた。


ベルトを手に日本に降り立ったネリ、自信満々だ

 成田空港から都内のホテルに到着したネリは早速メディアの取材に対応。「2度目の日本でうれしい。勝ちに来た。試合の準備は整っている」と答えると、多くの質問に次々と答えた。

 昨年8月に続くリマッチについては「ヤマナカは非常にタフでパンチも強い。35歳という年齢の割には強い選手。グレートな選手だから再戦の価値はある」とコメント。メキシコで練習中、自らのガードの低さに気が付き、ガードを高く上げるよう取り組んできたことも明かした。

 後半はドーピング問題に質問が集中したが、ネリは「(8月の試合の)1ヵ月前の検査で陽性反応が出た。汚染食品(メキシコ産牛肉)が原因だった」と説明。今回は栄養士の指導を受け、米国産のオーガニック食品を食べて調整したそうで、ドーピングに関しては「まったく問題ない」と胸を張った。

 この試合に向けても、既に2度のドーピング検査を受け、いずれも陽性反応が出たという知らせは受けていないという。ネリは22日、帝拳ジムで公開練習を行う。

BoxingNews




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




<<Apple、3月に新型iPadを発売か!3万円切るお手頃モデルの可能性も | ホーム | 比嘉大吾が新記録の16連続KOへ、4.15村田の前座>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/7565-8d531f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。