SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ゴロフキンvsカネロⅡ 会場はT-モバイル・アリーナ
5月5日(日本時間6日)、再戦が発表されたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)vsサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)のミドル級頂上決戦の会場が第1戦と同じラスベガスのT-モバイル・アリーナに決まった。22日(日本時間23日)メインプロモーターのゴールデンボーイ・プロモーションズがメディアに通達した。


 1月末に再戦決定が伝えられた後、会場には同アリーナのほかニューヨークのマジソンスクエアガーデン(MSG)、テキサスのAT&Tスタジアムが候補に挙がった。

 一時はMSGが有力ともいわれたが、ラスベガス最大の収容人数を誇る同アリーナに落ち着いた。試合はゴロフキンの保持するWBA“スーパー”、WBC、IBFの3冠王座とカネロが認定されるリング誌ベルトが争われる。

 両者は来週火曜日27日(日本時間28日)ロサンゼルスのダウンタウン、マイクロソフト・シアター前の広場(マイクロソフト・スクエア)でプレゼンテーションに出席する。

BoxingNews




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




<<大谷が米で実戦デビュー、初登板2失点 オープン戦 | ホーム | 次世代AirPods、ワイヤレス充電に加え耐水、Hey, Siri利用可能で今年発売か>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/7568-c4651cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。