FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
【エビアンマスターズ、宮里美香が単独首位!日本勢15名が決勝へ】
2010mika.jpg
この2日間は抜群の安定感。プロ初優勝を目指す宮里美香

フランスで開催されている、米国女子ツアー第15戦「エビアンマスターズ」の2日目。リーダーズボードの1番上に「MIYAZATO」の文字が掲げられた。昨年は宮里藍が米ツアー初勝利をこの大会で果たしたが、今年は予選2日間を終えて、宮里美香が単独首位に躍り出た。

3番でバーディを奪った宮里は、4番では2日間続けてボギーを叩いてしまう。しかし、直後の5番で再びバーディを奪い、悪い流れはすぐに断ち切った。その後も4つのバーディを奪い、通算9アンダーの単独首位で予選2日間の戦いを終えている。

通算8アンダーの単独2位には、地元フランス出身のグラディス・ノセラ。そして7アンダー単独3位に韓国のジャン・ジョン。6アンダー4位タイにはモーガン・プレッセルとM.J.ハー、M.リー、N,Y,チョイの韓国勢3名。今大会も韓国人選手の上位進出が目立つ。

しかし、今週は日本からも総勢17名の選手が出場。美香に続くのが、通算4アンダー、13位タイの服部真夕と上田桃子の2人。さらに1打差の通算3アンダー16位タイには、米ツアーでは自身初の大会連覇に挑む宮里藍が、不動裕理、馬場ゆかりと並んで決勝ラウンドに挑む。

日本勢は15名が決勝ラウンドに進出。通算4オーバーの青山加織と通算12オーバーの藤本麻子の2人だけが予選2日間で姿を消すことになった。













スポンサーサイト



テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

【2010/07/24 13:57】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【エビアンマスターズ、宮里美香6位に後退も優勝圏内に残る!】 | ホーム | 【WBA世界Sフェザー級、リナレス1月に内山への挑戦視野に】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/812-fe1eb2bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |