FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
【2010年4?6月期の労働力調査】
総務省統計局は8月17日、2010年4?6月期の労働力調査を発表した。調査結果によると、完全失業者(349万人)のうち「(失業期間が)3カ月未満」という人は114万人と、前年同期と比べ26万人減少した。しかし「3カ月以上」という人は221万人と、同17万人の増加。このうち「1年以上」は118万人(同21万人増)と、ITバブル崩壊後の2003年4?6月期(127万人)に次ぐ過去2番目の高水準であることが分かった。
yd_work.jpg
(出典:総務省統計局)


 完全失業者に、仕事につけない理由を聞いたところ「希望する種類・内容の仕事がない」は102万人で、同2万人減少した。また「条件にこだわらないが、仕事がない」(44万人、同4万人減)と「自分の技術や技能が求人用件に満たない」(21万人、同5万人減)もそれぞれ減少した。その一方「求人の年齢と自分の年齢が合わない」(61万人、同4万人増)と「勤務時間・休日などが希望と合わない」(36万人、同7万人増)が増加した。
求職活動をしていない理由
 就業は希望しているものの、求職活動をしていない人はどのくらいいるのだろうか。同調査によると、就業希望者は474万人と、前年同期と比べ13万人の増加。また就業非希望者(就業を希望していない人)は3852万人と、同19万人増えた。
 求職活動をしていない人に、その理由を聞いたところ「適当な仕事がありそうにない」という人は173万人と、同10万人の増加。このうち「今の景気や季節では仕事がありそうにない」とする人は25万人で、同1万人減少した。

yd_work2.jpg
(出典:総務省統計局)








スポンサーサイト



テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事

【2010/08/19 09:18】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【夜の窓に張り付いた生物の正体は・・・】 | ホーム | 【宮里藍は2位浮上 女子ゴルフ世界ランキング】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/845-34927057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |