FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
【西岡V6戦、IBF王者との統一戦が浮上】
nishioka.jpg

 ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級王者・西岡利晃(34)=帝拳=の6度目の防衛戦の相手にIBF世界Sバンタム級王者スティーブ・モリター(30)=カナダ=が浮上した。帝拳ジムの本田明彦会長(63)が25日、明らかにした。V5達成から一夜明けた西岡は東京・神楽坂の帝拳ジムで、WBO、WBC世界バンタム級王者フェルナンド・モンティエル(31)=メキシコ=との対戦を熱望。今後、来春の開催を目指し、モリター、モンティエル陣営と本格的な交渉に入る。

 
 西岡のV6戦に新たな対戦候補が浮上した。これまでWBO、WBC世界バンタム級王者モンティエルが有力候補として名が挙がっていたが、この日新たにIBF(国際ボクシング連盟)世界Sバンタム級王者のモリターが候補に挙がった。モンティエル、モリターどちらにせよ統一戦となるビッグマッチだ。

 西岡自身はモンティエルとの対戦を望んでいる。世界3階級制覇者で、長谷川穂積(真正)から王座を奪ったことで日本でも名が知れ渡った。ただモンティエルは来年2月に防衛戦を予定しており、V6戦での対戦の可能性は低い。そこで現実的な可能性としてモリターが浮上した。

 現在、JBC(日本ボクシングコミッション)はIBFを認定していない。しかし、WBAもしくはWBC世界王者と、日本非公認のIBF、WBO王者との統一戦に限って、JBCは特例として国内でのタイトルマッチ開催を認めている。今年4月に事実上の統一戦としてWBC王者長谷川とWBO王者モンティエルが拳を交えた。

 本田会長は「スティーブとの試合は特例でいける。(試合実現の)可能性はある。モンティエルとも交渉はする。金銭的には出せるが、向こうの動きもあるし。メキシコでやるのなら可能性はあるのでしょうけど。これから交渉します」と状況を説明した。

 一方の西岡は「戦ってみたい相手はモンティエルです。高い技術を持ったボクサーでパンチのバリエーションが多い。それにアッと驚くようなことをしてくる」と、印象を語り対戦を熱望した。年内いっぱいは休養し、V6戦に向けて年明けから始動する。









TWINSスタンダードパンチングミット【並行輸入品】TWINSスタンダードパンチングミット【並行輸入品】
()
TWINS

商品詳細を見る




スポンサーサイト



テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

【2010/10/26 16:57】 | sportours新着情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【今週のゴルフ試合、米女子は韓国で開催】 | ホーム | 【中央大学 沢村獲り、ヤンキース参戦か!】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/984-4d6cbc1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |