SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
イ・ボミ 「わたしのゴルフは終わったな」から探る復調への道のり


◇国内女子◇ヨコハマタイヤPRGRレディス 事前情報(8日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で予選落ち。新シーズンを迎えても復調のきっかけをつかめずにいるイ・ボミ(韓国)は「やっぱり自分のスイングができていない。結果を考えるよりも、そっち(スイング)に目を向けたい」と語る。

開幕を翌日に控え、雨が降る中のプロアマ戦で最終調整した。過去2勝(2012年、16年)を挙げたコースを前に「ここのグリーンは好きだし、相性は良い」とする一方、「いまはショットが悪くて、自分の成績を話せる段階でもない」と強調した。

3季連続の賞金女王がかかった昨季は賞金ランキング23位で、日本ツアー本格参戦後のキャリアワーストとなった。長引くショット不振に加えて、周囲からの期待の声や女王防衛の重圧に「もうゴルフをしたくない気持ちが強かった」。おどけながら「わたしのゴルフは終わったな、と思った」と振り返った。

新シーズンは一転して「もう一度チャレンジしてみようかなという気持ちがある」と力を込めた。

復調の兆しを見つけたい大会。「きょう、良かったショットは6回だった。あしたは7回、あさっては8回できれば、まずはそれでいい。自分のスイングをできるようになってから成績を考えようと思う」と穏やかに語った。(高知県香南市/GDO)




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




Face ID搭載のiPad Proの生産準備が完了との情報~出荷は今年第2四半期後半か


次世代iPad Proの生産準備が整ったとみられており、2018年第2四半期(4~6月)後半にも出荷開始となる見込みであると伝えられています。

出荷時期はいまだはっきりしないまま

米Rosenblatt Securitiesのアナリストを務めるジュン・ツァング氏は、Face IDが搭載された次世代iPad Proは、2018年第2四半期に600万~800万台出荷されるとの見解を示しています。

Appleは、10.5インチと12.9インチのiPad Proのフロント側にTrueDepthカメラを取り付けるとみられており、Face ID、アニ文字、その他の3Dセンシング技術が利用可能になるといわれています。

ユーラシア経済連合の規制当局が、iOS11で動作するタブレット端末のリストに形式番号A1954とA1893を2月19日付けで追加したことから、今月中にも新型iPadが発売されるのではないかと先日報道されたばかりであり、法的認可がすでに下りている場合は、出荷がツァング氏の予想よりも早く始まる可能性も大いにあると、米メディアAppleInsiderは分析しています。

最初の12.9インチのiPad Proは2015年11月に出荷され、9.7インチモデルは2016年3月に販売開始となりました。第2世代のiPad Proの出荷は昨年6月に始まっています。

第3世代のiPad ProにはオクタコアのA11Xプロセッサが搭載されるともいわれており、その他にも、Face IDの導入によりデバイスの重さが軽くなり、ベゼル幅が狭まるのではないかなど、様々な噂が飛び交っています。


Source:AppleInsider





“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




こんなにある!Appleが新たに生み出した業界標準の数々

最近ではiPhone XのTrueDepthカメラを収めた部分「ノッチ」が、複数のAndroid端末にコピーされて話題になっていますが、Appleはこれまでも新たなものを生み出しては(あるいは採用しては)競合他社に真似され、それが業界標準となるという流れを作ってきました。

The Loopのデイブ・マーク氏が、同氏のツイッターへの投稿から始まった議論をもとに、Appleが変え、他社が模倣し、業界全体に広がった技術の一部を紹介しています。

Appleが生み出してきた変化の数々

iPhone Xのノッチ。すでに多くのAndroid端末に模倣されています。最近ではASUSのZenFone 5が、ノッチを含めiPhone Xにあまりにそっくりだと批判を浴びています。

フロッピードライブ、そして光学ドライブの廃止。

3.5ミリヘッドホンジャックの廃止。Googleは昨年10月に発表したPixel 2/2 XLで、ヘッドホンジャックを廃止しました。この動きはまだ業界標準といえるほど広がっていませんが、廃止の方向で動いているのは確実でしょう。

iPhone。iPhoneがタブレット、PC、携帯電話業界を変えたと考える人は少なくありません。

タッチスクリーンによるスマートフォンのキーボード廃止。

カラフルなコンピューターケース。ボンダイブルーの初代iMacは、業界に衝撃を与えました。

AirPods。完全ワイヤレスのイヤホンは当初「耳から落ちる」などといわれたものの、現在複数のメーカーが完全ワイヤレスイヤホンをリリースしています。

USB。AppleのiMacがUSBを最初に採用した主要製品であり、iMacの成功がUSBの普及に貢献した、と評価されているようです。

コマンドライン・インタフェース不要のコンピュータ。

カードやメモリを簡単に追加できないクローズドなコンピュータ。

Adobe Flashの廃止。AppleはiOSでは、最初からずっとFlashをサポートしてきませんでした。Adobeも結局、2020年でFlash Playerの開発、アップデートおよび配信を終了すると発表しています。

iPod。音楽プレーヤー業界に多大な影響を与えました。

Apple Watch。すでにスイス腕時計業界全体の出荷本数を上回るまでに成長しています。

Source:The Loop
Photo:Laineema/Flickr




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




ミケルソン18位に浮上 小平と池田に「パーマー招待」出場権

43勝目を挙げたフィル・ミケルソン(Stan Badz/PGA TOUR)

4日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、世界選手権(WGC)シリーズ「メキシコ選手権」を制したフィル・ミケルソンは34位から18位に浮上した。

ミケルソンにプレーオフで敗れて2位に終わったジャスティン・トーマスはジョン・ラーム(スペイン)をかわして、自己最高のランク2位。前週の「ザ・ホンダクラシック」で優勝するなど、世界ランクポイントを積み上げ、ランク1位のダスティン・ジョンソンと約1.1pt差とした。

ラームは3位に下がった。松山英樹は6位で変わらなかった。

大会54位の小平智は43位で変わらず、大会46位の池田勇太は49位に1ランク下がった。松山に加え、今週の世界ランク50位以内を守った小平と池田が今月15日開幕の米ツアー「アーノルド・パーマー招待byマスターカード」の出場権を得た。

大会60位の宮里優作は3ランクダウンし57位になった。

欧州ツアー「ツワネオープン」で優勝したジョージ・クッツェー(南アフリカ)は140位から99位に上がった。アジアンツアーとオーストラリアンツアー共催「ISPS HANDA ニュージーランドオープン」で優勝したダニエル・ニスベット(オーストラリア)は413ランク浮上し329位になった。

GDO




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




ワイルダー、ピンチ脱しオルティスを10回TKO
WBC世界ヘビー級王者デオンタイ・ワイルダー(米)がストップ負けのピンチを脱し挑戦者ルイス“キングコング”オルティス(キューバ)に10回2分5秒TKO勝利。7度目の防衛を果たし、WBA&IBF統一王者アンソニー・ジョシュア(英)との3冠統一戦へ前進した。(3日、ニューヨーク・バークレイズセンター)


ワイルダーは10回にオルティスを沈めた

 強打者同士の対決は予想に反して偵察戦でスタート。ジャブの交換、フェイントのかけ合いに会場から不満の声が上がる。それでもポイントをリードした印象のオルティスは4回、サウスポーから左ストレートをヒット。5回も挑戦者が巧妙に立ち回っていたが、終盤ワイルダーの右が炸裂し、オルティスが倒れる。

 終了ゴングに救われたオルティスだが6回、ワイルダーは無理に仕掛けず、キューバ人は回復。打撃戦に持ち込んだオルティスは7回、強打で襲撃。ワイルダーは脚がグラつき、ホールディングに逃げる。左フックを食らったワイルダーはストップ負け寸前に追い込まれる。

 キャリア最大のピンチに立たされたワイルダーだが辛うじてラウンドを乗り切ると8回、パンチをリターンして挽回。9回、右強打でオルティスを逆にグラつかせる。

 そして10回、ワイルダーは右を口火に渾身のラッシュ。パンチを吸収したキューバ人は前のめりにダウン。続行に応じたオルティスにワイルダーはビッグパンチで追撃。最後、右アッパーで挑戦者が沈むとストップとなった。

 ワイルダーは40勝39KO無敗。ライバルのジョシュア(英)は3月31日、WBO王者ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)と対戦する。初黒星のオルティスは28勝24O1敗2無効試合。 Photos from Ed Diller/DiBella BoxingNews






“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。