SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
車購入者のApple CarPlayやAndroid Autoへの関心高まる


車の購入を検討している人々にとって、Apple CarPlayが車種選定に影響する重要な機能のひとつとなりつつあることが、最新調査から明らかになりました。

「必須」「関心がある」はほぼ8割に

調査会社Strategy Analyticsが、米国、西欧諸国、中国において、Android Auto、Apple CarPlay、Baidu CarLifeに関心があるかどうか尋ねたところ、どの地域においても「必須」と回答した率が2割を超え、「関心がある」という回答と合わせると、地域・サービスの種類に関係なく、ほぼ8割にのぼりました。

CarPlayについては、米国では「必須」が23%ですが、西欧では29%、中国では36%に達しています。

こうしたシステムにまったく関心がないと答えた比率は最高でも21%で、CarPlayやAndroid Auto、Baidu CarLifeへの関心の高さが伺えます。


strategyanalyticscarplay-800x441

車載ナビメーカーには「悪い知らせ」

調査結果についてStrategy Analyticsは、消費者がいわゆる「カーインフォテインメント」としてCarPlayやAndroid Autoの導入を考えているしるしであり、車載ナビゲーションを売りたいメーカーには「悪い知らせ」だと述べています。

またお金を払ってでも導入したいという消費者がいるにも関わらず、CarPlayやAndroid Autoを標準機能として車に搭載するのは、「売上の機会をみすみす逃している」とも指摘しています。

調査は車とスマートフォンを所有し、Android Auto、Apple CarPlay、Baidu CarLifeを利用可能な地域に住む米国(1,503人)、西欧諸国(1,607人)、中国(2,003人)の消費者を対象に実施されたものです。

2015年から導入が始まったCarPlayは、現在200車種以上で利用可能となっています。


Source:Strategy Analytics via MacRumors























【2017/10/18 06:55】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
FIFAランク、日本44位 W杯抽選は最低格付けか
【ベルリン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は16日、男子の最新の世界ランキングを発表し、日本は四つ下げて44位となった。ワールドカップ(W杯)ロシア大会の組み合わせ抽選(12月1日)は今回のランキングで出場権獲得チームが格付けされ、日本は最低の第4ポットに入る可能性が高くなった。決まれば1次リーグで格上の3チームと対戦する。

 W杯出場チームのうちFIFAランキング1~7番目と開催国ロシアが第1ポット、8~15番目が第2ポット、16~23番目が第3ポット、それ以下が第4ポットとなる。

 日本が第2ポットに入る可能性はない。第3ポットに入るためには11月のアフリカ最終予選と欧州プレーオフ、大陸間プレーオフで日本よりランキング下位のギリシャ、ニュージーランド、ホンジュラスなどが勝ち上がる必要があり、極めて望みは薄い。

 W杯の1次リーグは各ポットから1チームずつの計4チームで争う。第1ポットはロシア、ドイツ、ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、ベルギー、ポーランド、フランス。日本はこの8チームのいずれかと1次リーグで同組になる。























【2017/10/17 06:18】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone X、初回出荷台数はわずか46,500台


中国メディアの新華社通信によると、Appleサプライヤーである台湾企業FoxconnのiPhone Xの初回出荷台数はわずか46,500台にとどまるとのことです。

これまでのiPhoneよりもかなり少ない出荷台数
10月27日に予約が開始されるiPhone Xの初回出荷台数は、これまでのiPhoneモデルに比べてかなり少ないといわれています。

出荷が少なくなっている要因として、iPhone Xの3Dセンサーモジュールの生産遅延が挙げられています。

Foxconnは、iPhone Xの生産台数を週当たり400,000台まで増やすことを計画しているものの、iPhone Xの需要に見合うことは難しいとみられています。

2017年度の出荷台数予測
iPhone Xの出荷台数はドットプロジェクタの製造難航により少なく見積もられています。

現時点で、2017年の終わりまでに3,000から3,500万台の出荷が見込まれていますが、出荷遅れは2018年まで続くとみられています。

iPhone Xは、10月27日に予約が開始され、11月3日に発売予定となっています。


Source:DIGITIMES via Ars Technica
Photo:BGR























【2017/10/17 06:18】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アスクル、稼ぎ頭に迫るアマゾンの影
アスクルの最大の収益源である企業向けネット通販に、米アマゾン・ドット・コムが本格的に乗り込んできた。最大の武器は圧倒的な物量と低価格。お膝元の米国ではサービス開始からわずか2年で100万社が利用するなど圧倒的な存在感を示す。日本でのサービス発表翌日、アスクル株は急落した。アスクルは独自商品などで差異化を図る構えだが、日本の小売りを丸ごと飲み込もうとするアマゾンだけに、投資家の不安はぬぐい切れない。


自社物流網やPB商品の強化でアマゾンに対抗する

 「低価格、購買の管理、まとめ買い。企業の購買で求められる全ての要望にアマゾンが応えます」。企業向けネット通販「アマゾンビジネス」が始まった9月20日、アマゾンジャパン(東京・目黒)のジャスパー・チャン社長はこう胸を張った。

 アマゾンの品ぞろえはオフィス用品に工具、自動車部品、医療用器具など2億点以上。約370万点のアスクルの企業向け商品数を大きく引き離す。

 今後はまとめ買いすると値下げされるほか、月締めの請求書払いや購買履歴の管理など、企業の購買に便利な機能を充実させた。「品ぞろえは従来、アマゾンで売っていたものとあまり変わらず、サービスを付け加えただけ」(市場関係者)との指摘もあるが、インパクトはてきめんだった。

 市場も敏感に反応した。アスクル株の終値は翌21日から3営業日で20日に比べ8%急落。10月13日の終値は3085円と、急落後の水準から浮上できていない。

 企業向け通販事業は、2017年5月期のアスクルの連結売上高3359億円の9割、営業利益88億円の全てを稼ぎだしている。成長期待が高い個人向けネット通販「ロハコ」は、2月に発生した物流倉庫の火災の影響で、18年5月期の部門営業赤字が避けられない見通し。当面は企業向け通販が踏ん張るしかない状態だ。

 アスクルの岩田彰一郎社長は7月、「アマゾンは優れた会社だが、世の中にアマゾンしかない状況は快適ではない」と強調。対抗意識を燃やしていたところに、「本丸」の事業に攻め込まれた形となった。

 現時点では、アスクルの顧客企業がアマゾンに雪崩を打って乗り換える動きはみられない。GMOインターネットは「アスクルには必要な商品が十分そろっている。検索も簡単で、配達も迅速。アマゾンへの切り替えは考えていない」と話す。別の大手企業も「今までのつきあいがあるし、移行は今のところ無い」という。

 アスクルも対抗策を急ぐ。低価格のプライベート・ブランド(PB)商品は現時点で約7000点に上るが、早期に1万点まで増やし、アマゾンとの違いを示す考えだ。すでに自社の物流網を全国に張り巡らせており、都市部の大半では注文した当日の配達が可能だ。商品数はアマゾンに劣るが、素早い配送にはアマゾンにも引けを取らないとの定評がある。

 ただ、アマゾンは短期的な収益よりシェア拡大を優先する傾向が強く、圧倒的な購買力を武器に「他社ではまねができない価格設定をしかけてくる」(国内EC大手幹部)。市場でも「中長期ではビジネス通販でも確実にシェアを高めるはず」(いちよし経済研究所の納博司首席研究員)といった見方が増えつつある。

 日経平均株価は13日、約21年ぶりの高値を付けた。9月20日の終値と比べた上昇率は4%だった一方、同期間のアスクル株は逆に8%下げていることも、市場の懸念を裏付ける。米国ではアマゾンの攻勢は「デス・バイ・アマゾン(アマゾンによる死)」とも呼ばれる。アスクルは社名の由来となった「明日来る」の通り、明るい明日を迎えられるか正念場だ。

日経新聞























【2017/10/16 06:47】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
池田が3年ぶり大会2勝目 日本OPゴルフ

通算8アンダーで優勝し、笑顔を見せる池田勇太(15日、岐阜関CC)=共同

 男子ゴルフの国内メジャー第3戦、第82回日本オープン選手権最終日は15日、岐阜関CC東(7180ヤード、パー70)で行われ、2日目から首位に立った池田勇太(31)が3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72で回り、通算8アンダー、272で逃げ切り、2014年大会(千葉CC梅郷)以来3年ぶり2度目の大会制覇を果たした。優勝賞金4000万円と5年間のシード権を獲得。9月のANAオープンに次ぐ今季3勝目で、ツアー通算19勝目。

 池田は3番、15番と2つのOBをたたき大苦戦。2位タイから出た19歳のアマチュア、金谷拓実(東北福祉大1年)に1打差まで迫られたが、何とか振り切った。小平智が6アンダーの3位。小田孔明とノーシードの秋吉翔太、チャン・キム(米国)が5アンダーの4位。稲森佑貴ら3人が4アンダーの7位に入った。片山晋呉はイーブンパーの21位、宮里優作は4オーバーの40位に終わった。





“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”




【2017/10/16 06:47】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ